総量コントロールというのは給与の三分のゼロまでしか、サラ金から借りることができないというコントロールのことです。
これは借り過ぎによって返せなくなる人が頻出したことから2010年に設けられました。
しかし、コイツには異常があります。銀行や農協や信用金庫は、総量コントロールの圏外であっても貸し出すことができるのです。飽くまでサラ金に対するコントロールに過ぎないということです。しかも、サラ金よりも、これらの機関のほうが低利ですことから、こちらから借りるほうがある意味では収益であると言えるでしょう。また、自宅貸し付けなども、総量コントロールの対象外だ。これは理解しやすいフロアでしょう。
しかし、勿論、銀行などが安易に給与の三分のゼロを超えて貸し出すなどと言うことはあり得ないのであり、きちんとした検証を行っております。給与がいくら以上ということを決めているような銀行もあります。このデータベースを銀行は公開しておりますので、調べてみるのがいいでしょう。また、「お企て検証」として、自分が借りられるかどうかを、匿名で値を入力するだけで、教えてくれる無料もあります。無論、精密なものではありませんが、これで試みるのも良いでしょう。