過日、私の親戚でカード貸し出しを利用している人がいました。
その親戚曰くは、消費限度額は50万円だったとのことです。親戚は何がきっかけでカード貸し出しを始めたのかはわかりませんが、親戚の話を聞いてみたところ慣れてくるとおっかないとだと思ったことがありました。今でもその気持ちは変わりません。
その親戚は、最長範囲の50万円を借り受けたようです。ある程度の儲けの支出を終えても、また有料になった時に借りていたらしく、いつの間にか「最長範囲メンタルなら貸し付けしたような実感にならない、50万円の借入が0円のような実感です。」と言っていたことを、強く覚えています。
どうしてもそれは違う、と自身は思いましたが、当時親戚は嬉しそうにこんな話をしていました。
カード貸し出しは元来、なにかを行うための原資を必要とする機会があり、しかしながら資金が手元にない場合にカード貸し出しで借りる、というようなイメージを持っています。
けじめをつけて、仮り癖を作らずそれこそ計画的に借りなければ支出が大変になり、利子の支払のみで元金が決して鎮まることなく思わぬ高額な支出になりかねないことと思いますので、オーケー注意することと、癖にしないで利用するアフターサービスであると思います。