銀行系カードローンでは、業界の自主規制によりさまざまな面で規制が強化されており、その中のひとつに収入証明書の提出用件というのがあります。

規制前ですと、300万円までの借入限度額なら不要といったようなかなり後学レベルでもいらないという文言が並んでいるような光景が目立ったりもしました。
規制を行った後では、おおよそ50万円を超えたら収入証明書を必要とするというところが増えており、今後もそういった傾向が強くなると思われます。

消費者金融のようなレベルの借入限度額で収入証明がなってきていますので、今後は利用する際にはかなり低い金額でも必要になってくることを意識しながら銀行系カードローンの利用を考える必要がでてくるでしょう。