キャッシング業者の融資には限度額が定められています。具体的には年収の3分の1以上の融資はできないというもので、これを「総量規制」といいます。これは1社当たりの金額ではなく、キャッシング全体の金額です。何社から借りていようとも、合計額が年収の3分の1を超えてはならないことになっているのです。

ただし、総量規制には除外規定があります。例えば住宅ローンや車のローンなどはこの「除外」に当たります。車のローンが200万円あっても、それは総量規制の対象にはならないので、車のローンに加えて年収の3分の1までのキャッシングができるのです。また「おまとめローン」による借り換えなど、融資を受ける人間が有利になるものについては、総量規制の例外とされております。

留意しておいてほしいのは、総量規制は消費者金融や信販会社、クレジット会社が対象となっており、銀行や信用金庫などの金融機関は対象ではないということです。例えば新生銀行系のレイクは総量規制の対象外なので、理論的には消費者金融系のキャッシング業者から総量規制分の融資を受けていたとしても、レイクから借りることは可能だということになります。

とはいえ、銀行系のキャッシング業者は金利が低めに設定されていることもあり、基本的に審査が厳しいとされています。理論的にできるからといって、実際に融資が受けられるかは別の話です。いずれにしても年収の3分の1の借金は負担は大きいですから、総量規制の対象にならないよう「ご利用は計画的に」行うことが肝要です。