お金が不足した時はキャッシングを利用しますが、利用するにはまず審査が通らないと利用出来ません。審査が判断材料として最も重要なのが定期収入です。時々正社員以外は利用不可という条件がある業者を見かけたりはしますが、基本的には定期収入が条件となります。

定期収入があれば未成年や主婦や非正規雇用者でも条件さえクリアしてれば申し込みをする事が可能です。未成年の条件としては親の同意を得ている場合、結婚していて成人とみなされている場合が条件となります。しかし未成年の場合は条件を満たしていても審査で落とされてしまう事がほとんどです。やはり未成年の利用に関しても定期収入がないと信用されにくいのです。

主婦の場合は総量規制がある消費者金融は申し込む事が出来ません。しかし銀行カードローンは総量規制対象外なので申し込み出来る場合もあります。しかし審査が通過して利用出来た場合でも利用限度額が低く設定されてしまう事がほとんどです。

非正規雇用者の場合は一応定期収入があるので条件はクリアしています。しかし正規雇用に比べると収入が少ないとみなされて信用度は低くなってしまいます。特に日雇いの労働者は収入が安定しないので審査が通過するのは少し厳しい感じはします。金融業者は定期収入を重視しますのでコンスタントに毎月収入がある場合の方が審査が通りやすくなります。また職場を何度も変えている人もすぐ収入が無くなってしまうと思われて信用度は低くなってしまいます。