カード貸出で無利息追加が始まった頃はものすごく画期的な追加だったと思いましたが、今はプロミスやアコム、新生銀行レイクなどは無利息サービスを常識にやっていますし、特に驚かなくなりました。
さらに最近では銀行カード貸出にも無利息追加は表れていらっしゃる。
例えば静岡銀行のセレカは45日間無利息だし、北洋銀行のカードローンスーパーアルカは30日間の無利息サービスを援助しています。
かつては銀行のカード貸出はそれほどセールスに積極的でなかったし、そうしなくて他の金融商品で万全財が取れていたからそんな追加は始める必要もありませんでした。
ただし現在は総量制約の修練がサラ金業には逆風なので、銀行のカード貸出セールスが逆に買い得となっていることから、銀行としても今回がチャンスとばかり無利息サービスを組み込む色々な追加で新しくリピーターを取り込もうとしていらっしゃる。
そういった意味では銀行とノンバンクのバリアーはますます低くなっているので、これからはキャッシングに関する利回りの無利息追加はどちらともやって常識になる時代が来るような気がしています。