サラ金に勤めていた経験から、アルバイトのヤツは貸倒の確率が高いというフィーリングがあります。
軽い気持ちで申し込んで生じる人が多いからだ。たいていサラ金の相談役もおんなじフィーリングを持っている人が多いと思います。そのため、そのフィーリングを払いのけるような便宜が必要です。
最近は、返還戦法として口座引落の戦法を使わないカード貸出も多いのですが、そういう返還戦法は手軽である半面、返還日時を忘れぎみだという難点があります。アルバイトのヤツに限ったわけではありませんが、口座引落とそれ以外の戦法がある場合は、口座引落の戦法にしたほうが、心頼みがありますから貸付限度額がupぎみだ。
それでも、最初は同じ条件の正社員の側よりは貸付限度額が少なくなりがちだ。しかし、多少借入れをして返還の実利を積み込む結果サラ金からも信用していただける。その際、できれば繰上返還をしたほうがベターです。返還を気にしているヤツだというフィーリングを持って貰うことができるのです。
1時代ほどこのように消耗と返還の実利を積み重ねてから、増額申請をするのです。これだけで増額依頼はやけに通りやすいだ。サラ金によっては半年ほどで増額依頼のお誘いが加わることがあるほどだ。