初めてキャッシングをするとき、収入証明などを提出しないと限度額は低めに設定をされてしまいます。最初は良くてもキャッシングを続けていると、もっと借りたいなと思うようになるでしょう。

そんなときは、増額の申し込みをすることができます。でも、増額に失敗をしてしまうこともあるので、自分が増額できるのかきちんと知っておく必要があります。

増額を申し込むと、もう1度審査が行われることになります。

もし、電話番号が変わった会社が変わったなど、最初に申し込んだときと変更があるのなら早めに連絡をしておきましょう。金融業者は借りている人と連絡が取れなくなることを嫌がります。常に連絡が取れる状態にしておくことで、信用を得ることができます。

また、他社から借り入れをしていると増額を断られることがあります。他社から借り入れをしているなら、完済してから申し込むようにしましょう。

そして、1番重要なポイントが返済を期日までにきちんと行っているということです。ほかの条件はクリアしていても、このポイントがアウトならまず審査は通らないと考えたほうが良いです。

たった1度でも、返済が遅れることは信用に傷をつけることになるので気をつけましょう。

遅延や延滞などをすることなく、こつこつと順調に返済を続けることで信頼を得ることができます。

返済を遅れることなく半年以上続けていれば、ほとんどの金融業者で増額の申し込みはできるようになります。

ネットなどからできるので、申し込んでみましょう。